Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for the ‘Books’ Category

「さんいんキラリ」春号♪

お世話になっている「さんいんキラリ」さん。

いつも、当ギャラリーのイベント情報を掲載していただいています。

kirari1

.
その「さんいんキラリ・春号」に、まさきたかこさんと森田しのぶさんの記事を載せてくださいました。

まさきさんの展覧会は終了いたしましたが、森田しのぶさんの「しのぶ」初夏コレクションは間もなくです♪

kirari2

詳細ページに、掲載記事の本文を綴っています。

よろしければこちらもご覧ください(^^)

■まさきたかこイラスト展
→http://g-ando.com/sakuhin_1f/2016/0414.html

■ファッションブランド「しのぶ」春・夏物コレクション
→http://gando.com/sakuhin_2f/2016/0514.html

この度の「さんいんキラリ」 No.36 春号 の特集は、これからの季節、ますます食欲をそそる“蕎麦三昧”です!

山陰の名店蕎麦28軒を美味しそうな写真と共にご紹介。

シリーズ“山陰百景”、“あなたに会いたくて”、“日帰り散歩”では、米子の魅力にたっぷりと迫ります。

島根の“いいモノ”も、7ページのフルカラーでご紹介。

今号も見どころ満載の「さんいんキラリ」。

あんどうでもお取り扱いいたしております♪ぜひお手にとってみてください(^^)

Written by staffk

2016/5/9 at 4:53 pm

嬉しい贈り物

銅版画作家の”安田みつえ”さんから荷物が届きました。

.

あんどうで度々個展を開催していただき、4月には姉妹展”銅版画と油絵 姉妹展2015”も開催された安田さん。

本の装丁や挿絵のお仕事も沢山されているのです。

.

荷物の中身は、

文芸雑誌”すばる”。

本文イラストレーションが全て安田さんの作品なのです。 12月号までの3カ月分を担当されたとの事。

.

.

”すばる”は5大文芸誌のひとつ。

秋の夜長に純文学と芸術。 いいですねぇ。

.

それから、もうひとつ。

2016年のスケジュール帳♪

”2016 CREATORS DIARY Illustration by Mitsue Yasuda”

なんとスタッフ全員にプレゼントしてくださいました。

嬉しい!

こんなスケジュール帳を使えば、楽しいこと一杯の一年になりそうです♪

頑張って綺麗な字を書かなくちゃ。

.

Written by staffe

2015/10/15 at 5:44 pm

「さんいんキラリ」秋冬号、届きました!

さんいんキラリ」秋冬号が発売になりました!

.

.

山陰の人・モノ・味を美しい写真と共に紹介した情報誌。

年4回の季刊誌で、今回で32号目。

創刊号から毎号、「キラリおすすめ美術館ガイド」に

イベントを掲載していただいています。

.

.

.

今回の特集は「至福の麺勝負」!

山陰両県のうどん、蕎麦、ラーメンの名店20店を、美味しそうな写真と共にたっぷりご紹介♪

.

山陰の匠を探すコーナーは「植田正治の軌跡」。

あなたに会いたくて、では、智頭町が登場。智頭の魅力がギュッと詰まったページです。

.

写真の美しさに加え、文章も味わい深く、その紹介されている人・モノ・味の魅力が伝わってきます。

山陰に暮らしていながら知らなかった、山陰で暮らしているから知っておきたい、

そんな、発見できる愉しが、「さんいんキラリ」にはあります。

.

「さんいんキラリ」はギャラリーあんどうでも取り扱いをしています。ご希望の方は2F事務所まで。

.

Written by staffk

2014/12/3 at 2:25 pm

馬田太雅 鉛筆空間画展 3

2F会場の「馬田太雅 鉛筆空間画展」、
11月8日、15日間の会期を終え無事終了しました。
ギャラリー常連の皆様はじめ、遠方よりわざわざ足を運んでいただいた皆々様
ご来場誠にありがとうございました。

全展示作品は、鉛筆一本の細密画。
お客様の質問に対して「空間の奥行きを出すことに拘っているので、現段階では彩色するという選択肢は自分の中には無い」と答えておられました。
当分、馬田太雅さんの鉛筆空間画の世界は続くようです。

展示作品中一番大きい作品です。
あらら・・・モデルを前にデッサンする作者が鏡の中に。
90センチ角の中には、作者独特の世界が表現されています。馬田太雅鉛筆画

11月7日には、作者を囲んで交流会を持ちました。
会期中、沢山の方から色々な感想や意見を聞かせて頂いたり
「頑張れ!!」と暖かい励ましの言葉を頂いたり…。
若い馬田さんには、実り多き、激動の15日間だったことでしょう。

Written by andoh

2009/11/10 at 6:24 pm

さんいんキラリ

「さんいんキラリ」冬号が年末に発売になりました。

山陰の人・モノ・味を美しい写真と共に綴る拘りの雑誌。

年4回の季刊誌ですが早くも14冊目となりました。

情報蒐集の為ギャラリーに飛び込んでこられたのは創刊のずっと前。

以来、孤軍奮闘するあんどうを応援してくださり創刊号以来「キラリおすすめ美術館ガイド」にイベントを掲載していただいています。

今回の山陰の匠を探すコーナーは写真家王国。

スペシャルインタビューは鳥取在住の日本画家・綾木いづみさん。

特集は人気の蕎麦特集です。

ご希望の方は近くの書店、又はあんどうでお求めください。

「さんいんキラリ」冬号

Written by andoh

2009/1/8 at 4:30 pm