Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for the ‘友の会活動’ Category

ワークショップウィーク♪ 2015 Spring 第2弾「型染め体験」

ワークショップウィーク♪ 2015 Spring  第2弾は「型染め体験」です♪

鳥取市在住の型染め作家・谷口恵美子さんを講師に迎え”兜飾り・花玉”に挑戦していただきました。

こちらが、下絵のデザイン。 どちらにするか、迷います。

しっかりと説明を聞いて さあ始めましょう!!

今回は、型染めの楽しさに少しだけ触れていただく入門編。

もち粉と糠で作った糊で型どりをした麻布を先生にご用意いただき、その上に色をのせるだけの簡単な作業です。

が・・・・

兜飾りも花玉もかなり細かなデザイン。

「苦労した分だけ達成感がありますよ♪」と励まされながら、

塗り残しはないか?色は濃淡は?と何度も確認しながら格闘すること一時間。

ようやく作業終了です!!

このあと持ち帰り、5、6日経ってから ぬるま湯で糊を落とし完成。

これは先生のお手本ですが、糊を落とした後は、きっとこんな素敵な作品になっているはず!!

「兜飾り」

「花玉」
先の「着付け体験」もそうですが、
「これだけでは物足りない」との声が多く寄せられました。
次回は、型を彫るところから始める型染め全行程ワークショップを前向きに検討してみたいと思っています(^^♪
ワークショップウィーク♪ 2015 Spring  第3弾は、キャンセル待ちの大人気講座、「燻製をつくってみよう」です。

Written by andoh

2015/3/24 at 11:18 am

友の会通信9月号発送! 美術館巡りは・・・

本日「ギャラリーあんどう友の会通信」9月号を発送いたしました。

バス代の高騰で躊躇していた美術館巡りの旅を、ご要望にお応えして久しぶりに企画。

期日まで一カ月を切ってしまい、大慌ての発行です。

2014.9月21日(日)vol.2 2014年 美術館巡りの旅 定員25名。

お彼岸でお忙しい時期ですが、皆さんのご参加お待ちしています。

会員外の参加も大歓迎ですよー。

ギャラリーあんどう友の会主催 vol.2 2014年 美術館巡りの旅 あべのハルカス美術館 デュフィ展 大阪市立美術館 こども展

■期日:2014.9月21日(日)

■参加費 会員15,000円(会員外は16,000円)※当日集金 ※バス代・昼食・入館料込み

詳しくはこちら⇒ギャラリーあんどう友の会

Written by staffe

2014/8/29 at 3:16 pm

’13ギャラリーあんどう友の会主催 第一回 版画ワークショップ

「 ’13ギャラリーあんどう友の会主催 第一回 版画ワークショップ」初日。先ほど終了いたしました。

本日参加のうち2名は4年前にも参加してくださったリピーター。 「前回すごく楽しかったから。」

.

初めは黙々と作業していた皆さん。最初の一枚を刷り終えると次々と新しいアイデアが浮かび、

彫り方やインクの拭き取り具合を工夫したり、色を変えたり、重ね刷りやモノタイプまで。

何点ものユニークな作品が出来上がりました。

.

次回は14日(月)。

今からでも参加受付OKです。詳細はこちら。⇒ギャラリーあんどう友の会のページ

興味のある方は是非覗いてみてください。

.

.

Written by andoh

2013/10/11 at 6:10 pm

友の会主催 2013.8/25(日)「美術館巡りの旅」のご報告♪

ギャラリーあんどう友の会 8月25日(日)、今年2回目の「美術館巡りの旅」へ行ってきました。
参加者は27名。満席でした。

最初の展覧会は、兵庫県立美術館 「ルノワールとフランス絵画の傑作」。
今展はシンガーミシンで財をなした スターリング・クラーク夫妻のコレクション展で会場は想定通り超満員。
絵具の瑞々しい色彩と愛らしい人物像は何度見ても飽きないですね。19世紀のフランス絵画72点は1時間半では観きれませんでした。折角来たのに残念!!

スケジュールを立てるとき、昼食時間がネックになって充分な鑑賞時間がとれない事にいつも苦労するのですが、なかなか妙案が浮かびません。

お昼はモザイクガーデン2Fのハーバーランド フィッシャーマンズマーケット。
名前のとおり魚中心のバイキング。人が多くてまるで市場の様。疲れました。

二つめの展覧会は、小磯記念美術館
「特別展 関西学院の美術家~知られざる神戸モダニズム~」。
吉原治良の油彩画や神原 浩のエッチングを静かな環境でゆっくりと鑑賞出来て良かった。
絵を観るのは凄く体力を消耗しますが、人が多くては尚更です。来館者が少ないのは美術館的には不本意でしょうが、観る側にとっては大変有り難い。

ところで今回のツアーは定員オーバー。オーバーするのは今回で2回目。
帰りのバスの中で参加された動機をお聞きしました。
「ルノアールが観られるから」・・・6名。「小磯良平記念館に行くから」・・・5名。「神戸だから」・・・0名。
「えっ・・残りの15名は?」と思ったら「あんどうツアーだから」という声がありました。
嬉しい!!これからもがんばって企画をたてますので皆さん参加してくださいね。

図録買いました!事務所に置いています。ご希望の方はどうぞ観てください。

Written by andoh

2013/8/30 at 3:51 pm

友の会通信5月号

友の会通信5月号が完成しました。

.

来月のスケジュールは以下の通り。

1F会場 GALLERY ANDOH

みはぎの絵画教室 子供の表現展 第30回 最終展  2013/5/3(金)~5/6(月)

藤本イサム・満里子 展-遊のくらし・木・布・和紙-   2013/5/8(水)~5/13(月)

白岩一夫 白岩陽子 水彩画展  2013/5/15(水)~5/20(月)

アートサロン集(つれ) グループコスモス作品展  2013/5/22(水)~5/26(日)

第3回 2013ラコンテ絵画作品展  2013/5/29(水)~6/2(日)


2F会場 Gallery ANDOH due

-jewelry & accesorries- 國歳 紘子 作品展  2013/5/3(金)~5/8(水)

T-シャツ展 Tシャツは着るだけじゃない!? ARTだぜ~ 2013/5/11(土)~5/19(日)2013/5/3(金)~5/8(水)

5月も1・2F合わせて7展と盛りだくさんです♪

3日からの「みはぎの絵画教室 子供の表現展」は、美萩野の原田マスミさんが30年間続けてこられた絵画教室の最終展。

中電ふれあいホールでは同時開催で卒業生展も開催されます。

「30年間の絵画教室も最終回展を迎えました。
卒業生展も開催していただき、幸せに終わることが出来ます。
支えて下さった沢山の方々と子供達に心からの感謝を。
原田マスミ」

ぜひお出かけくださいね。

.

Written by andoh

2013/4/27 at 6:27 pm

友の会主催 2013.4/21(日)「美術館巡りの旅」のご報告♪

4月21日日曜日。

京都市立美術館で開催中の「ゴッホ展」に総勢21名で行って来ました。

今回は初参加の方が5名もあり、友の会新規入会も2名。嬉しいですね~。

森先生お手製の「旅のしおり」 いつもいつもありがとうございます!!

.
肌寒い小雨模様のなか朝7時に湖山を出発。
.
「終日雨!!」の予報は見事に外れ、県境を越えると真っ青な青空が広がってきました。
.
加西SAでトイレ休憩
.
早速お買い物ですか?なんだか楽しそう ♪ ♪
.
.
昼食はいつものザ・ブッフェスタイル・サラでランチバイキング。
.
.
午後1時 美術館に到着。
.
.
知名度ナンバーワン、絵を描く人誰でもが憧れる画家 フィンセント・ファン・ゴッホ。
.
代表作の展示は無かったものの、あまり知られていなかった―空白のパリ時代―
.
日本初公開作品36点を観ることができました。
.
.
今回は展覧会を「ゴッホ展」に絞り、あとは自由行動に設定したところ、
.
ギャラリー巡りをされた方、
.
舞妓さんを見に行かれた方、
.
ゆっくりと街の散策やティータイム・・・と 思い思いに京都の町を楽しまれたご様子。
.
私は念願の細見美術館で「志村ふくみ・志村洋子 作品展 しむらの色 KYOTO」を鑑賞しました。
.
さて次回はどこに出かけましょうか?

.

Written by andoh

2013/4/26 at 5:56 pm

ギャラリーあんどう友の会美術館巡りの旅「生誕100年 松本竣介展」

11月4日(日)快晴。
ギャラリーあんどう友の会の皆さんと島根県立美術館「生誕100年 松本竣介展」に出かけました。
参加者は定員いっぱいの28名。
5月の岡山県立美術館「ベン・シャーン」に次いで今年2回目の「美術館巡りの旅」です。
2時間強で美術館に到着。
観る機会の少ない松本竣介の大回顧展とあって、終盤を迎えた美術館は来館者でいっぱい。

38歳という若さで亡くなった夭折の画家・松本竣介。

作品の前に立つと、ずいぶん昔に読んだ美術エッセイのなかで美術評論家・洲之内徹が「運命に従順な者の持つ静かさと美しさ」と書いていたのを思い出しました。

お昼はお決まりの松江東急インのランチバイキング。

しまった!!写真撮るのを忘れてた。

お皿はすでに空っぽ。。仕方なくデザートの写真でも。。

帰路に立ち寄った美保関。お天気が良くて三々五々ぶらりお散歩。

美保関神社で何をお願いされたのでしょうね。何やら楽しそうなお二人です。

青い石畳がとってもきれい。路地の古い町並みが郷愁を誘います。

「これ美味しいよ。」と試供品の昆布茶に舌鼓。

行きの琴浦町の道の駅。

山本恵三先生が初冠雪の大山をスケッチされてますね。

芸術の秋、食欲の秋、行楽の秋・・・

最良の一日でした。

バスはいつもの大森観光さん。

バスはいつもの大森観光さん。

Written by andoh

2012/11/7 at 11:19 pm

友の会通信 8月号 発送!!

ギャラリーあんどうが会員の皆様に月1回お届けする「友の会通信」。

8月号を昨日投函しました。

今回はデザイン担当のスタッフIさんが

産休前にあらかた片づけてくださっていたので何とかセーフ。

間もなく会員の皆さんの手元に届くはず・・・。

よかった~~。

今月号には「美術館巡りの旅」

島根県立美術館 「生誕100年 松本竣介展(9/29~11/11)」をご案内しています。

会員外でも参加できます♪

Written by andoh

2012/8/1 at 4:45 pm

友の会通信発送完了!

3月末からの展示がある為、少し早めに友の会通信を完成させました。

よって通信4月号、先程発送しました!!!!

会員の皆さま。明日・明後日にはお手元届くかと思います。

もうしばらくお待ちください。

4月は上下会場にて展示があります。

賑やかな月になりそうです。是非お出掛けください。

Written by andoh

2012/3/27 at 3:40 pm

ギャラリーあんどう友の会「美術館巡りの旅」

9月25日、今年3度目の美術館巡りの旅に出かけました。

目的地は、京都市美術館で開催中の「フェルメールからのラブレター展」と

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」。

今回の参加者は少なくて14名でした。

ヨハネス・フェルメール 「手紙を読む青衣の女」

道がよくなり京都もずいぶん近くなりました。休憩をゆっくり取りながら3時間半で京都に到着。

昼食のザ・ブッフェスタイル サラはCOCON烏丸の3階にあり、2度目の利用です。

1・2階はオシャレなショップが入っていてお買い物も楽しめます。

「フェルメールからのラブレター展」の長い入館待ちの列。

ギャラリーあんどう友の会「美術館巡りの旅」京都市美術館

大変混雑しているとの情報をH先生よりキャッチしていたので、

スケジュールを調整し昼食を30分短縮したのが、大正解。

幸い30分ほどで入館できました。

両会場とも大変な混雑なので、タイムリミットになったら大変と

まずお目当ての作品を観て、そのから後戻りして初めからゆっくりと鑑賞。

京都市美術館はこじんまりとしていて、疲れずにゆっくりと観ることができました。

「フェルメールからのラブレター展」を観た後いったん館外に。

皆さんニコニコと。なにやら楽しそうです。

ギャラリーあんどう友の会「美術館巡りの旅」京都市美術館

全員揃ったところで「」ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」に入館。こちらは待ち時間なし。

 

この度も、帰りのバスの中で森茂樹先生が展覧会の感想などをお話ししてくださいました。

バスを降りる前の数分間のお話ですが絵の見方、考え方など、なるほど!!と思うことがありとても参考になります。
僅か3点でしたが憧れのフェルメール、日本初公開のゴッホの自画像などなど、期待以上。

お天気良し、展覧会良し、大満足の一日でした。

Written by andoh

2011/10/2 at 2:12 pm

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >