Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 5月, 2011

「Hometown fantasy 1.5」 UTA illustration exhibition

昨年10月に、鳥取(ギャラリーあんどう)と松江(DOOR book store)で
松江と鳥取の作家2人によるイラスト展 COLORS」を開催されたまさきたかこさんが、
来月東京で作品展を開かれるそうです。

「Hometown fantasy 1.5」
UTA illustration exhibition
2011.6.15(水) ~ 7.xx(xx)
 ※終了日は会場にお問い合わせください
会場:NOS恵比寿
〒東京都渋谷区恵比寿南2-3-14 コンツェ恵比寿B1
03-5733-1727
http://www.nos-ebisu.net/
  月曜日〜木曜日 18時〜2時
  金曜日〜土曜日 18時〜5時
  日曜日、祝際日 17時〜23時
(飲食店での展示ですので、ご飲食とともにお楽しみください)

「NOS恵比寿」は
「年齢、性別は問わず高い感性を共有する人々、独自の世界観を持つ人達が、美味い料理と骨太な酒を囲みながら繋がりあう場所」
だそうです。

まさきさん。 カッコイイ!

「Hometown fantasy 1.5」UTA illustration exhibition

Written by andoh

2011/5/30 at 4:42 pm

大塩忠雄 絵画展

大塩忠雄 絵画展」が始まりました。

40周年を記念して2会場での開催。

過去十年の新協展出品作を中心に14点、200号の大作は迫力満点です。

ギャラリーあんどう「大塩忠雄 絵画展」会場

 

これらの作品の中には自然破壊や環境整備で既に失われた風景もあるそうです。

作品の中にとどめられた「時間」がゆっくりと会場に流れています。

ギャラリーあんどう「大塩忠雄 絵画展」会場

「大塩忠雄 絵画展」は本日より31日(火)まで。

斜め向かいのギャラリー柏葉さんと2会場での開催です。

Written by andoh

2011/5/27 at 11:30 am

河上潤一郎 遺作展 1

本日より「河上潤一郎 遺作展」が始まりました。

生涯に制作された113点のうちの100点を、1・2階両フロアを使って一堂に展示。

ご家族の想いの詰まった展覧会です。 

 

会場に掲示されている奥様の文章をご紹介します。
-----------------------------
 ごあいさつ
 昨年、平成22年1月に死去致しました夫、河上潤一郎の遺作展を計画して早くも一年余りが経過しました。
  最初から最後まで全責任を背負って、これ程までに‥と思うほど細やかな心配り、そして高い技術とセンスを随所に散りばめての思いのあふれたこの作品展の開催を、本日迎えることが出来ましたのは鳥取画材さんの夫に対する深い思い入れのお陰様と家族一同感謝の気持ちで一杯です。
  振り返って、ケガをしてからの27年間の内約18年間、多色刷の木版画に巡り合えたお陰で試行錯誤の繰り返しながら、少しずつ自身の世界を切り拓く事が出来たと思います。脊損という重傷を負っての作品創りは、得体の知れない突然の発熱、原因不明の足の痛みと悪寒に悩まされる事も度々で、1ヶ月の内体調がよいと思う日は僅か2~3日で、この症状の不愉快さは言葉ではいい表す事の出来ない苦しいものだったと思います。医学を以てしても、原因も治療法もわからぬ症状に唯耐え続ける夫をそっと見守るだけで、側に居りながら救う事の出来ない無力な自分を責め続けるだけの私でした。体調不良と闘いながら、又、入退院も何度となく繰り返し、手がけた作品もなかなか完成できないもどかしさもあったと思いますが、細かい表現を身上とする夫はどんな作品も手を抜く事なく、何度も何度も手を入れ直して1ヶ月以上かかる作品も多々ありました。体調の悪さを振り払うように、人を寄せつけぬ程の厳しい姿で作品と向き合う日々でした。心の支えに‥‥と取り組んできた作品を展示する度に「こんな絵をわざわざ見に来て下さり、何だか申し訳ない気持ちがする」と常々口していました。
  変わらぬ暖かい気持ちで見守り続けて下さいました皆様に、18年間の総てを見ていただきたく今回の機会をいただきました事に深く感謝いたします。
  今回展覧しましたどの作品も故人の想いを描き、彫り、色をほどこして刷り上げた作品ばかりです。満面の笑みを浮かべ、少し照れ臭そうにして皆々様をお迎えしているはずの故人と共に、どれか一点でもよき思い出として心に残ります事を念じて挨拶に代えさせていただきます。
  ありがとうございました。
河 上 麗 子 
-----------------------------

ギャラリーあんどう「河上潤一郎 遺作展」会場

ギャラリーあんどう「河上潤一郎 遺作展」会場

 

今展に併せて画集を発行されました。

ギャラリーあんどう「河上潤一郎 遺作展」会場

 

2階会場には版木や道具も展示されています。

2005年1月 「年金の窓」掲載の河上潤一郎さんの文章より
「私は、とにかく、面倒なことは考えない主義で「ケ・セラ・セラ(なるようになれ)」が生活身上です。過去は絶対変わりませんから、変えることが出来る未来を信じて、今日も趣味を生かしながらプラス発想で前向きに人生を歩んでゆきたいと思っています。」

ギャラリーあんどう「河上潤一郎 遺作展」会場

 

会期は24日(火)まで。 ぜひお出かけください。 

Written by andoh

2011/5/20 at 4:13 pm

第75回 チャーチル会鳥取展 1

春と秋の年二回、毎年恒例の「チャーチル会鳥取展」が本日より始まりました。

12名のメンバー皆さんはベテラン揃い。

それぞれの個性でのびやかに描かれた、F4号~F10号の油彩・水彩・パステルなど34点が並びます。

作品の一部をご紹介します。

ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品 ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品
 足立光恵 石膏と花 F10               花房瑠璃子 紫陽花 P8

ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品 ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品
 平野道江 白いチューリップ F6            柏田正代 花 パステル

南雄也さん 古い糸車のある静物 ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品
 南雄也 古い糸車のある静物 F10      中本二一 卓上静物Ⅰ 水彩

ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品 ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品
 岡田惇子 春の匂い F10                    長あゆみ 早春の河原 F10

ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品 ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品
 坂尾哲夫 山陰海岸(鴨が磯) F8                  田中昭雄 雪の日 F10

ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品 ギャラリーあんどう「第75回チャーチル会鳥取展」作品
 津田恭子 梨の花咲く F10                 山本知司 春爛漫(天満山) F10

メンバーの皆さんは会場当番も慣れたもの。 お客様とも和やかに会話が弾みます。

「第75回チャーチル会鳥取展」は17日(火)まで開催。 

しばらくはお天気が続きそうです。是非お出かけください。

Written by andoh

2011/5/13 at 5:55 pm

DM出来ました。

夏恒例の展覧会、
ギャラリーあんどう企画「なつの贈り物展」。

印刷に出していたダイレクトメールが先日出来あがりました。

なつの贈り物展DM

これから出品者の方にお渡しして、
毎回楽しみにしておられる皆様へご案内の準備にかかります。

会期は
6月16日(木)~21(火)まで

今展はハーブの苗・果肉植物など前回なかったものも販売致します。
どうぞお楽しみに。

Written by andoh

2011/5/11 at 4:48 pm

アートサロン集 グループコスモス作品展 2

今日は久しぶりの雨模様。

連日の黄砂で精彩を欠いていた木々の若葉が生き生きと輝いています。

 

グループコスモスの受講生は10人。

坂尾哲夫先生の指導のもと、週1回のペースで絵を楽しんでおられます。

今展では花や果物などをモチーフとした水彩画・油彩画を35点展示。

会期中の日曜日、午後1時から講師の坂尾哲夫先生による講評会がありました。

作品の感想やアドバイス等々・・・

一言一句聞き逃さないよう皆さん熱心に耳を傾けておられます。

ギャラリーあんどう1F グループコスモス講評会

その後2Fdueに場所を移しケーキとコーヒーで親睦会。

楽しそうな笑い声が続いていました。

ギャラリーあんどう グループコスモス講評会

東日本大震災の心痛むニュースが続いています。

出展者の方は、「こんな大変な時に展覧会をしていていいのだろうか?・・・」

お客様からは、「少し気持ちが楽になりました。ありがとうございました」と

それぞれの立場で、いろんな思いの交錯する今日この頃です。

早くこの非常事態が収束しますようにと願わずにはいられません。

Written by andoh

2011/5/10 at 4:47 pm

アートサロン集 グループコスモス作品展 1

「アートサロン集(つれ) グループコスモス作品展」
本日初日を迎えました。

グループコスモスは30代~70代と幅広い年齢層なのですがとても仲がよいのだそうです。
講師は坂尾哲夫先生。
総勢10名で、水彩・油彩など33点+坂尾先生の作品2点を展示しています。

アートサロン集 グループコスモス作品展

アートサロン集 グループコスモス作品展

朝一、日本海新聞の方が取材に来て下さいました。
明日5月8日(日)に掲載予定です。

アートサロン集 グループコスモス作品展

会期は5月7日(土)~11日(水)迄です。
やっと気持ちのいい季節になりました。
どうぞお出かけください。

Written by andoh

2011/5/7 at 12:10 pm