Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 6月, 2012

はらだとしこ詩画(うたえ)展 2

搬入の日、レトロなお弁当箱を持参されたはらだとしこさん。

目に飛び込んできました!

アジアのお弁当箱。とてもお洒落です♪

はらださんはお料理上手なのです。

2年前、オーナーにと頂いたお弁当。

私も少し頂いたのですが(笑)とても手が込んでいて美味しいのです。

調味料の黄金比があるそうですよ。

興味のある方は直接はらださんまでお尋ねください◎

※余談

はらださんは、さんいんキラリで『「居酒屋としこ」営業中』を連載中です。

手描きで描かれた挿絵とレシピは本当に美味しそう◎おなかが空いてきます。

私の楽しみにしている連載の一つです。

そして!お道具袋も素晴らしい・・・・

決まったところにきちっと片づけられる道具達。

紛失することはないのでしょうね。収納の達人でもあります。

癒しの作品と人柄も素敵なはらださんに是非会いに来てください。

お待ちしております。

Written by andoh

2012/6/30 at 12:17 pm

はらだとしこ詩画(うたえ)展 1

2年に一度のお待ちかね、「はらだとしこ詩画(うたえ)展」がはじまりました。

文章と、字と、絵を組み合わせて生まれたはらださんオリジナルのジャンル、「詩画(うたえ)」。

前回はボール状の作品、「言霊」がユニークでしたが、

今回登場の新しい手法はこちら。

おわかりでしょうか? 二つの作品のポン・ポン・と散らばった色の玉。

左右対称になっています。

「デカルコマニー」という技法だそうで、三省堂 大辞林によると、
「 [(フランス) décalcomanie]紙に絵の具を塗り、それを二つに折るか、別の紙を押し付けるかして写しとる画法。偶然的・幻想的形態が得られるのでシュールレアリストが好んで用いた。」
とのこと。

紙の上に自由に色を置き、別の紙に写し取り、

偶然にできた模様・色合い・形から発想を膨らませて絵と詩をつくってゆくのだそうです。

はらださんの自由な作品に、観る人の心も解き放たれていくようです。

BGMもはらださんの選曲。 ゆったりとしたはらださんの世界へぜひお立ち寄りください。

はらだとしこ詩画(うたえ)展
6/28(Thu)~7/2(Mon)
午前10時~午後6時(最終日は午後3時まで)

Written by andoh

2012/6/28 at 6:29 pm

なつの贈り物展 1

おかげさまで連日大盛況の「なつの贈り物展」。

作品をご紹介しなければ・・・とおもいつつあっという間に既に3日目。

遅ればせながら、お客様の隙間を縫って撮影した写真で、少しばかり・・・

アトリエ209.5 大漁旗を使ったバッグ。 鮮やかです。

藤本イサムさんの木彫「おふくさん」。 おなじみのこの笑顔。

ビーズフランさんのアクセサリー。 手編みのブローチの繊細なこと!

ウイングさんの裂き織。 色合わせも絶妙。

ピアンタピアットさんのブリザードフラワー。 華やかです。

他にもたくさんご紹介したいのですが、タイムアップ。 一刻も早く会場に戻らねばなりません。

詳細ページに各グループの写真をアップしましたので是非ご覧ください。

もちろん、会場で実物も是非。

なつの贈り物展
6/20(水)~6/25(月)
10:00am~6:00pm ※The final day 4:00pm

Written by andoh

2012/6/22 at 4:43 pm

第20回 鳥取工芸の会 作品展 3

昨日から開催中「第20回 鳥取工芸の会 作品展」、本日も朝から工芸ファンの皆様で賑わっております。

スタッフⅰさんからバトンタッチ。 本日はお一人ずつのご紹介。

小林孝男(牛ノ戸焼)
昭和初期、四代目秀晴により民芸運動参加。黒と緑の染め分けを主に器を製作。
.
河本賢治(福光焼)
丹波、故生田和孝に師事。1980年倉吉に登窯築窯。心安らぐ器作りを目指す。
.
矢田彰儀(黒見焼)
因州中井窯にて修業。昭和47年倉吉黒見に築窯。暮らしに溶け込む器を作る。
.
植田禎彦(波賀焼)
山下碩夫・清水俊彦両氏に師事。1990年築窯。素朴で温か味のある器を目指す。
.
平田俊之(浦富焼)
2000年故山下碩夫に師事。白磁・染付・黒刷毛を主に生活に即した器を製作。
.
西尾正道(絞染)
小島悳次郎に師事。1980年佐治にて独自の絞り「西尾絞り」を始める。
.
服部麻知子(染織)
小谷次男・井口隆夫両氏に師事。2005年、南部町に工房を開く。
.
山口邦子(型染)
女子美術大学工芸科にて、柚木沙弥郎氏に師事。素朴な作品づくりを心掛ける。
.
北里由利(ガラス)
1981年より宙吹きガラスを学ぶ。1993年境港に築炉。ガラス工房北里設立。
.
齋江範人(竹工芸)
別府市で竹細工を始める。鳥取市に工房を開く。心に留めて貰えるモノを作る。
.
昨日日本海新聞に掲載された紹介記事
ギャラリーあんどう’12「「第20回 鳥取工芸の会 作品展」詳細ページアップしました。
手ざわりのよいほんものに触れて 新たな工芸のあり方を追求する作品群」
是非、ご来場ください。

6/11(月)~6/17(日)
午前十時~午後六時(最終日五時まで)

Written by andoh

2012/6/12 at 4:55 pm

第20回 鳥取工芸の会作品展 2

「第20回 鳥取工芸の会作品展」本日初日です。

待ちわびておられた方も多いのではないでしょうか。

朝から賑やかな会場です。

今展の出品者は10名。

それぞれ違う職種で陶芸・染織・ガラス・竹工なのですが、みなさんの仲がとてもよく、雰囲気がいいです。

また明日以降にでもお一人ずつご紹介します(スタッフSさんにお任せになってしまうかも・・・)。

会期は2012年6月11日(月)~17日(日)

10:00~18:00※最終日は17:00まで

皆様のお越しをお待ちしています。

Written by andoh

2012/6/11 at 5:33 pm

CHing占い好評中♪

CHing展でおなじみのCHingさん提供CHing神社!!!

1回200円で2F Gallery ANDOH due入口にておみくじがひけます♪

普通のおみくじとは違ってちょっとユニークです。

「右に2回、左に1回まわして・・・・・・・・・」

気になられる方は2Fまで是非お越しください。

いいフクが来ますよ◎たぶん(笑)

私がひいたのは

「ハズレ     と思ったら大当たり❤ラッキー❤」

なんてちゃめっけたっぷり。

今秋、展覧会をされる予定なのでこちらも楽しみにしててくださいね。

Written by andoh

2012/6/9 at 5:33 pm

梅雨にも負けず・・・

今日から2日間、鳥取城跡「久松公園」周辺にてB級ご当地グルメの祭典が始まりました。

朝から若桜街道を歩く人・人・人!

小雨の降る中ですが負けていません。

この勢いに乗ってギャラリーあんどうも100円商店街イベントに参加しています♪

『オリジナル一筆箋』を販売中。

イラスト:澤年彦氏(我がビルディングのボス)!!

デザイン:ギャラリーあんどう!!!

早速、朝一番に

「一筆箋ありますか?」

とお客さんが尋ねられて来られました!!!!!

「かっこいいですね~◎」

と嬉しいお言葉まで♪

B-1グランプリのイベントチケットでも購入いただけます(現金も可)。

6月30日までご利用可能なので是非是非お越しください。

お待ちしています。

Written by andoh

2012/6/9 at 4:44 pm

下田智美 個展1

今日と明日(7日)ギャラリーのお手伝いをさせていただきます。Nです(*^^*)
只今開催中の1階「下田智美 個展」(~10日(日)まで)
個人的感想ですが、カッコイイです。
抽象画と向き合う時、絵の世界を自分なりに感じ、絵の世界と自分の世界を寄り添わせ、また新しい自分と出会える感覚?とても私にはマネできないですがとっても素敵です。

2階「真夜中のお茶会」(~明日7日(木)まで)
「不思議の国のアリスの世界」を2人の制作者が彼らなりの感性で作り上げていて面白いです。

お時間がありましたら、ギャラリーを覗きにきてくださいね。

Written by andoh

2012/6/6 at 2:59 pm

真夜中のお茶会 2

6月6日水曜日の地方紙に制作者の伊吹さん、田中さんの記事が掲載されました。

取材は、お2人の仕事帰りにギャラリーあんどうにて。

寛いだ雰囲気のお2人の記事が大きく取り上げられてました。

2階GallaryANDOHdueで展示「真夜中のお茶会」は明日7日木曜まで

是非、お立ち寄りください。

Written by andoh

2012/6/6 at 2:04 pm

真夜中のお茶会 1

展示作業が遅れ、ギリギリ?スタートで始まった初日。

Haruka IbukiさんとYuya Tanakaさんによる二人展。

お二人は同じ美術部に通った高校時代のご友人だそうです。

朝一番から「面白そう♪」と2階へ上がって来られる方が◎

今展のテーマはヤン・シュヴァンクマイエル監督の「Alice」のインスピレーションをもとに作品を制作されています。

アクリル画と立体で独自の「アリス」を表現。

Haruka Ibukiさんのアクリル画

Yuya Tanakaさんの立体

この監督の映像はとてもシュールで学生時代初めて観たとき衝撃を受けたのを覚えています。

「Alice」はまだ観たことがないのですが作品から世界が垣間観れた感じがします。

会期は2012.6月2日(土)~7日(木)

お二人の「不思議の国のアリス」をどうぞお楽しみください。

2・3・4日(諸事情により変更あり)は在廊されています。

Written by andoh

2012/6/2 at 4:28 pm