Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 11月, 2013

23th 若桜橋絵画教室作品展 1

毎年この時期に開催される「若桜橋絵画教室作品展」。
こども、学生、一般。 浜坂・南雲山・鳥取画材教室の3カ所で様々なクラスを開講されています。
小学生の水彩画から、大人の油彩、デザイン、受験対策のデッサン、具象・抽象ジャンルを問わず、バラエティに富んだ作品が並ぶ、楽しい会場です。

「私たちメンバーはゆっくりとしたペースですが、それぞれの表現スタイルを探しながら描くことを続けています。
思うような作品を描くことはできませんが、いつか満足できる絵と出会えるかもしれないという思いが新たなキャンバスに向かう力となっています。
未熟な仕事ですが、一年に一度皆様に観て頂くことが私たちの大きな勉強になっております。どうかご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。  絵画教室一同」(会場挨拶文より)
本日5時からはどなたでも参加できる「きまま交流会」が開催され、教室生の方々をはじめ、たくさんのお客様が、講師の藤原晴彦先生を囲んで絵画談義が弾むことでしょう。
.
23th 若桜橋絵画教室作品展
2013/11/28(木)~12/3(火)
AM10:00~PM6:00(最終日pm5:00)
.

Written by andoh

2013/11/30 at 6:23 pm

スタッフはどこに?ここです。

名札をリニューアル!

分かりやすいよう名前を大きくてデザインしました。

何かありましたら声をかけてくださいね。

オーナー+スタッフ3名で頑張っています。

よろしくお願いします。

Written by andoh

2013/11/26 at 3:23 pm

「山村一隅」 時本景亮写真展

「ご挨拶

このたびはご来観くださり、ありがとうございます。

私は山村が好きです。そぞろに歩くと、空気、水、草木が自分と一体であることを肌で感じ、自然のふところのなかで生活が営まれていることがわかります。

心に響いた小風景をカメラで切り取り、並べてみました。自分をさらけ出し見つめ直すことで、一歩前進する転機になればと思ったからです。率直な御批判、ご感想を頂戴できれば幸いです。」

.

12年ぶり。 時本景亮さんの写真展「山村一隅」が始まりました。

.

お天気にも恵まれ、お客様が途絶えない初日の会場です。

.

岩肌に落ちた木漏れ日。水面に映る木立。 息を呑むような美しさ。

.

山の澄んだ空気が匂うようです。

ギャラリーで森林浴はいかがですか?

.

2013/11/23(土)~12/1(日)
10:00am~6:00pm The final day 5:00pm
※11/24(日)1:00pm~3:00pm閉廊します。
.

Written by andoh

2013/11/23 at 1:33 pm

東光会 鳥取グループ展

”光は東方より”

古代ローマのことわざから名づけられた「東光会」は80年の長い歴史をもつ団体なのだそうです。

第78回東光会展出品作品を中心に30~100号の油彩が15点。

8名のメンバーのエネルギッシュな作品を1点ずつご紹介します。

.

池澤正子 「舞台袖」F80

.

市場幸子 「古民家」F50

.

桜井郁枝 「早春」F100

.

田中利勝 「代掻き始る」F100

.

中尾廣太郎 「私の村」F100

.

森田秀雄  「白い漁船」F100

.

森本正枝 「船岡まつり」F80

.

吉谷経子 「運河のある風景」F50

.

大作の並ぶ会場は迫力満点です。  ぜひお出掛けください。

.

東光会 鳥取グループ展
2013/11/21(木)~11/26(火)
10:00am~6:00pm ※The final day 4:00pm

.

Written by andoh

2013/11/22 at 6:15 pm

Tropical Japan 墨彩草詩 葛飾ロビンソン/原画展覧会

「僕が笑うと君も笑う。君が笑うと僕はもっと描きたくなる。見守ってくれている人たちに微笑んでもらうと、もっともっと描きたくなる。ということは、世の中すべての人たちに笑ってもらうと、ものすごく描きたくなるのかな。」  「墨彩草詩  【 滑稽噺し】小さな大笑い」はじめにより

.

風流な墨絵・・・と思いきや。

案内状でおなじみ「試行ざくろ」(柘榴)をはじめ、

「一言いわして」(鰯)、「何も案ずることはない」(杏)、「お礼にどじょう」(鰌)・・・

駄洒落のオンパレード。

どれをとっても思わず「クスッ」と笑える一言が。

.

鹿野町瓦版絵図や吉岡温泉まち歩きマップ、お酒のラベルなども、葛飾ロビンソンさんの作品だったんですね。

.

寒くて肩をすくめがちな今日この頃。「小さな大笑い」でリラックスしましょう。

.

2013/11/18(月)~11/21(木)
11/18(mon) 1:00pm~6:00pm
11/19・20(tue・wed) 10:00am~6:00pm
11/21(thu) 10:00am~5:00pm
.
.

Written by andoh

2013/11/18 at 6:52 pm

インターンシップ

初めてインターンシップを受け入れました。
美大受験希望の高校2年生A君です。
ギャラリーの仕事に興味があったのと絵画表現や色の勉強をしたいとの事。
ということで、4日間に、スタッフさんのお仕事をひと通り経験していただきました。
ギャラリーのお仕事は外見と違って意外と体力仕事が多いのです。
掃除、打ち水から始まって、
「看板貼ってね!!」
「DM、バランスを取りながら貼ってね!!」
「お客様に渡す前の絵の総点検。額のガラスが汚れていないか、紐が緩んでいないか確認してね!!」
「おっとっと、その結び方は縦結びだよ。紐が緩むし縁起が悪いと言われているよ。」
「額が絵とあっていないから、画材店に選びに行こう!!」
などなど、細かな仕事のほか
1F、2F同時に搬出作業、翌日の搬入展示作業はジャージーに着替えて大奮闘してくださいました。
その間に、会場当番の作家さんや、来場者の皆さんと絵のお話も。。。
田中ひとえさんの個展が急遽ギャラリー主催になり、充分にサポート出来なかったことが心残りです。
どれだけA君のお役に立てかわかりませんが、ギャラリーも良い経験をさせていただきました。
Aさん、頑張ってください!!

Written by andoh

2013/11/17 at 6:52 pm

2013 第4回ラコンテ絵画作品展

風景・人物・静物・・・テーマは様々。

油彩・水彩・アクリルの3号から50号まで29点が並びました。

.

メンバー9名はいずれも長年描き続けて来られた方ばかり。

円熟の個性が光る作品を、お一人一点ずつご紹介します。

.

「卓上静物」 F50 油彩 足立真由美

.

「野菜いろいろ」 P10 油彩 足立光恵

.

「静物」 F10 油彩 岡田惇子

.

「赤羽渓谷」 F30 アクリル 坂尾哲夫

.

「海の悲哀」 F50 油彩 田中昭雄

.

「卓上の静物Ⅰ」 変15 水彩 中本二一

.

「風景A」 P10 油彩 花房瑠璃子

.

「田園」 変30 水彩 林裕見子

.

「待春」 F50 油彩 山本知司

.

Raconter(ラコンテ)はフランス語で 「語る」。

観る人に語りかけてくるような作品が待っています。

.

2013/11/15(金)~11/19(火)
AM10:00~PM6:00(最終日/PM5:00)
.

Written by andoh

2013/11/16 at 5:38 pm

2013年 第1回 石田将悟個展「陶芸・茶の器」

通称「ふわさん」こと石田将梧君の「陶芸・茶の器」が始まりました。

ふわさん。。。優しい響きですね。
彼の大好きな言葉だそうです。

石田将梧君は平成10年生まれの鳥取盲学校高等部1年生。

会場のごあいさつ文より
「今年 岡野元房先生と出会い初めて陶芸に取り組む。
全盲であるが、手触りと研ぎ澄まされた感覚でダイナミックな作品を
創り上げる。
趣味は鍵コレクション、好きなバンドはHY。」
.

ポスターの写真は田中一雄校長先生が撮影してくださったそうです。

.

会場の作品は、風鈴、茶の器、菓子器、鍵の4種類。

作品は展示販売されており、初日でほぼ完売!!大人気です。

今日は10時から2時まで常駐されており

「ありがとうございます!!」と嬉しそうな石田君の声が

2階フロア―に響いています。

.

16日、17日の常駐は、将梧さんの体力を慮って午後1時から2時までの1時間のみ。

その間、石田君がお抹茶をふるまってくださいますよ。

.

会期は15日から17日のわずか3日間です。

元気な将梧さんに会いに来てください。

.

2013年 第1回 石田将悟個展「陶芸・茶の器」
2013/11/15(金)~11/17(日)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

.

.

Written by andoh

2013/11/15 at 5:48 pm

つれづれの詩 ―風の詩― 田中ひとえ絵画展 2

田中ひとえさんの展覧会が昨日13日で終了しました。

新聞を見られ電話を掛けてこられる方、会場に来られて初めて訃報を知った方・・・
沢山の方が来廊され、ひとえさんも天国で喜ばれていることと思います。

絵を描かれる方みなさん気になられるのは遺される作品の行方。
お話しを伺うと海外におられるご長男さんが作品を引き取られるとのことです。
ひとえさんの力溢れる絵が大切に遺され、ホッと・・・ひと安心です。
また作品を観たくなったら会いに行かせてください。
田中ひとえさん。素敵な展覧会をありがとうございました。

Written by andoh

2013/11/14 at 3:14 pm

ファッションブランド「しのぶ」秋・冬物コレクション

鳥取市を拠点に国内外で展開している「しのぶブランド」、昨年に続き2度目の秋・冬物コレクション。

こだわりの天然素材に個性的なシルエット。 そのうえ着心地もGOOD! お待ちかねのファンの皆さんが次々とお見えになっています。

.

会期も折り返し点を過ぎて、本日少し模様替え。

アクセントに最適な人気の小物も追加入荷しましたよ。

.

.

会期は13日(水)まで、あと2日。 この冬の装いは「しのぶ」に決まり!

.
ファッションブランド「しのぶ」秋・冬物コレクション
2013/11/9(土)~11/13(水) 10:00am~6:00pm ※最終日は5:00pmまで
.
.

Written by andoh

2013/11/11 at 6:09 pm

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >