Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 9月, 2014

ちる花 Falling blossoms 青谷和紙を用いたスペイン人作家マリベル・マスによる版画展

2005年に「マリベル・マス 因州和紙による描画とリトグラフ展」を開催して9年。

スペインの版画家マリベル・マスさんの個展がふたたび、来月2日から2Fdueで開催されます。

.

本日いよいよ日本へ出発したとの知らせが。 明日には鳥取入りの予定。

マリベルさんにお会いするのは2008年の「バルセロナ大学選抜版画展2008 ― ANDANDOH CAMINANT・てくてく ―」の打合せ以来。ワクワクしますね。

.

今回のテーマは、「ちる花」。

藤原定家の「ちる花を追いかけてゆく嵐哉」からインスピレーションを受けた作品を中心に発表されます。

.

遅ればせながら、本日詳細ページにマリベルさんのこれまでの作品が観られるHPをリンクしました。

こちらです、ぜひご覧ください。

.

http://www.maribelmas.com/

.

2014/10/2(木)~8(水)10:00~18:00
.

Written by andoh

2014/9/29 at 6:24 pm

第6回 美術作品入札オークション展 2

26日(金)より開催中の「第6回 美術作品入札オークション展」。

入札の締め切り時間が近づいてまいりました。

本日18時にて落札が確定、入札のなかった作品は明日定価で販売します。明日は早い者勝ちですね。

.

さて、お客様の引いた合間に、様子を窺ってまいりますと…

あっ!

.

おお!

.

こちらも♪

.

入っていますねぇ。

.

入札された方はもうしばらくお楽しみに。  まだの方はお急ぎください。あと2時間ですよ。

.

2014/9/26(金)~30(火)
10:00am~6:00pm ※The final day 4:00pm
.

Written by staffe

2014/9/29 at 4:22 pm

第6回 美術作品入札オークション展

お待たせしました。2年ぶりのオークション展開催です。 今回も約70点のバラエティに富んだ作品が集まりました。

.

手書きの絵皿や、焼物・立体アート・・・

.

絵画・版画・ちぎり絵・デジタルアート・・・

.

目録はこちら ⇒ ギャラリーあんどう’14「第6回 美術作品入札オークション展」詳細ページ

.

入札方法は簡単です。 お気に入りの作品を見付けたら、

①入札用紙を記入
②控え部分を切り取り、入札用紙を封筒に入れる。
③封筒を作品下の袋に入れる。
.

初日は様子見の方ばかりかと思いきや、

あちらこちらに茶封筒。 入ってます入ってます!

.

さぁさぁ!あなたも入札してください。 迷っていたら、どなたかに落とされてしまいますよ。

.

29日18時までに入札のなかった作品は、最終日に表示価格で販売します。

残りものに福あり。最終日もお見逃しなく。

.

第6回 美術作品入札オークション展
2014/9/26(金)~30(火)
10:00am~6:00pm ※The final day 4:00pm

.

Written by staffe

2014/9/26 at 4:07 pm

Gのなかま達 展

「Gのなかま達 展」、今日から2階dueで始まりました!

こちらは、今鳥取県で開催中の、第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会「あいサポート・アートとっとりフェスタ」に関連しての展覧会です。

今朝のオープニングセレモニーでは、「Gのなかま達」メンバーによる合唱で幕開け♪

.

若桜街道沿いに、ハッと目を引くコスモスを見かけたら、それが展覧会の目印。お2階へどうぞ。

これら秋の草花は、園内で育てていらっしゃるそう。

.

会場の空間をふんだんに使った、ちぎり絵、書、和紙のランプ、粘土細工など、カラフルで楽しくなる展示が、みなさまをお待ちしています(^^)

壁ほぼ一面の大作「くじらじま」。遠くから見ても近くから見ても発見があります。

.

このままお正月のおせちにしたくなりそうなお弁当。

.

どれもとても細やかで、思わず見入ってしまいます。

ぜひお立ち寄りください(^^)

.

2014/9/25(木)~29(月)
10:00~17:00
.

Written by staffk

2014/9/25 at 10:38 am

第29回 イーゼル会展

「第29回 イーゼル会展」が始まりました。

イーゼル会は鳥取市湖山の森絵画研究所門下生により結成されている絵画グループ。

毎年一回、全教室の会員が作品を持ち寄りイーゼル会展を開催されています。

昨年に続き2フロアを使っての開催。

1F会場には自由テーマの作品が33点、2Fdueには「赤もしくは青をメインとした作品」が18点並びました。

.

多彩な個性が特長のイーゼル会展。

1F会場に展示されている自由テーマの作品からお一人1点ずつご紹介します。

.

足立 道子 静物 F12

.

阿部 亜紀 鳥取の夜景Ⅰ サムホール

.

出田 弘子 ドライフラワー F15

.

市村 正 教室のテーブル F10

.

太田 嘉子 岩戸海岸 F10

.

景山 道子 青の風景A F15

.

草野 妙子 大山はみえません F20

.

齋江さつき アリアス F10

.

齋江 雅人 No.4 M20

.

佐藤 恵美 帽子箱と帽子 F15

.

真栄 友香 花瓶とくだもの1 P15

.

杉本由美子 静物 F6

.

栃本 和枝 多鯰ヶ池 F10

.

中越 理香 ギター1 F15

.

HARU 陽炎 36.5×51cm

.

森木 和恵 母の好きなゴーヤを描いた F15

.

山口 紘子 梅雨 F10

.

山野 高子 ミケちゃん F10

.

森 茂樹 雨滝 F10 (賛助出品)

.

今回の2Fテーマは「赤もしくは青をメインとした作品」。

同じテーマでもやっぱり多彩。  くれぐれも2Fをお忘れなくご覧ください。

.
.
.
2014/9/19(金)~23(火)
10:00am~6:00pm  ※The final day 5:00pm
.

Written by staffe

2014/9/20 at 12:30 pm

大久保徹哉 日本画展 2

キュートな小鳥たちに目が釘付けです!
本日、とうとう最終日を迎える「大久保徹哉 日本画展」。
「牡丹の画家」と評されるように、大久保さんといえば優雅で繊細な花々を思い浮かべますが、
こんな可愛らしい小鳥たちも。
特にスタッフを虜にしたのがこちらのメジロ。
真正面から目が合った途端、メロメロになりました♡
鳥シリーズ集めました(*^。^*)
本日17時までです!小鳥たちに会いに、ぜひいらしてくださいー♪
大久保徹哉 日本画展
2014/9/12(金)~17(水)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)

Written by staffk

2014/9/17 at 1:13 pm

大久保徹哉 日本画展

西陣で帯の意匠に携わりながら日本画を学ばれた大久保さん。

なるほどの優美さ。 会場は雅な空気に満たされています。

.

「牡丹の画家」 として知られる大久保さん。

様々な表情で描かれた花々は、心まで華やかにしてくれます。

.

「祈り」

.

「白輝」 F20

.

「夢富貴」 F12

.

「秋華」 F12

.

こちらは神々しいほどの美しい夕焼け。

「宍道湖夕照」 F10

.

美しい花や風景を眺めて、心の洗濯はいかがですか?

.

2014/9/12(金)~17(水)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)
.
.

Written by staffe

2014/9/12 at 9:37 pm

まさきたかこペン画イラスト展

朝一番からお知り合いが次々ご来場。

注目の地元若手アーティストとあって、日本海新聞さんも取材にかけつけてくださいました。

.

CG絵(Illustrator)・版画・アートデザインなど、グラフィックデザインでおなじみのまさきたかこさん。

2008年に続き2度目の待望のボールペン画展、開幕です。

.

線の重なりで陰影を出す一般的なボールペン画とは全く異なり、「これが手書きですか!?」と人々を驚かせた第1回展から4年。

最近は県外はおろか国外にまで活躍の場を広げておられ、益々大活躍です。

先日も2008年から入選を続けている二科展の表彰式に出席して来られたばかり。

個展直前の上京で大忙し、ホテルでも制作されていたとか。

.

24点の出品作品から、タイトルにひと捻りある3点をご紹介いたします。

.

「鳥マイナス1 2012」

.

「避難訓練 2013」

.

「怪談 2014」

.

シャープな画風で想像するとちょっと戸惑うほど、ソフトで朗らかなまさきたかこさん。

16日(火)以外の会期中は在廊されます。

パワー溢れる作品とまさきさんに会いに、ぜひお出掛けください。

.

2014/9/12(金)~17(水) 10:00~18:00
.
ギャラリーあんどう「まさきたかこペン画イラスト展」会場

Written by staffe

2014/9/12 at 4:57 pm

前田直衞 特別回顧展 生誕100年を前に- 2

前田直衞 特別回顧展」 盛会裏に閉会しました。

今展は、用瀬町出身の日本画家・前田直衞の生誕100年大回顧展が来年4月に県立博物館で開催されるのに先立ち プレイベントとして 前田直衞顕彰会の手で開かれたものです。

前田直衞は、2008年、享年93歳で逝去しましたが
1984年紺綬褒章、1986年日本美術院「特待」に推挙されるなど輝かしい功績を日本画壇に残しています。

.

会場には、県立博物館や鳥取市が所蔵する150号の大作3点はじめ13点と、地元作家3名の作品各1点が並びました。

.

アクリルの入った150号の大作はかなりの重量があり あんどうの貧弱な設備では心もとなく、見苦しさを覚悟の上、ご覧の様に足をかませました。

.

会期中、6日(土)に開催された 前田直衞顕彰会顧問の岸本 章[日本画] 、高橋俊子[日本画]、古澤順子[染織]3氏によるトークセッションの様子です。
前田直衞とのエピソードや、作品の感想を語っていただきました。

.

7日(日)は京都より愛弟子の日本画家・藤井誠氏においでいただき ギャラリートークがありました。
超満員です。
前田作品の魅力をはじめ、師との細やかな交流の様子をユーモアたっぷりにお話され、皆さんが前田直衞像に想いを馳せておられました。

.

6歳で地元を離れたため、鳥取ではまだまだ認知度が低い前田直衞ですが、生前、懐かしい故郷鳥取に度々足を運び 佐治の紙すきや用瀬の流し雛など数多くの風景を描いています。

.

又、2F会場には、幼い頃暮らした用瀬や佐治の小中学校の生徒の作品も飾られ、家族連れの姿が目立ちました。

.

前田直衞顕彰会の皆さまの並々ならぬご尽力を、傍でひしひしと感じた1週間でした。
顕彰会の皆さま大変お疲れさまでした。

来年4月県立博物館で開催される「生誕100年記念  前田直衞展 」是非ご覧ください。

.

2014/9/5(金)~10(水)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)
.

Written by andoh

2014/9/12 at 11:16 am

前田直衞 特別回顧展 生誕100年を前に-

穏やかで優しく、どことなく郷愁を誘う風景。

前田直衞顕彰会主催の「前田直衞 特別回顧展 生誕100年を前に-」が始まりました。

1F会場では、前田直衞氏の作品13点、スケッチブックなどの資料6点をはじめ、前田画伯ゆかりの地元作家作品で顕彰会の顧問でもある岸本 章氏・高橋俊子氏の日本画と古澤順子氏の染織作品が、

2F会場では顧問を講師に迎えて開催された「児童・生徒絵画交流事業」で制作した用瀬町・佐治町の小中学生の作品が展示されています。

.

.

「前田直衞顕彰会とは

前田直衞顕彰会は、用瀬町出身の日本画家前田直衞の画業を顕彰し、地域文化活動の振興に寄与するため、様々な取り組みを行っている会です。

前田直衞画伯の作品は、用瀬町内だけでも用瀬町総合支所にある前田直衞ギャラリーを始め、用瀬町民会館や流しびなの館などでご覧いただくことができます。ぜひ、一度ご覧ください。

また、前田直衞顕彰会では、前田直衞画伯生誕100年を迎える平成27年に向けて、パンフレット作成や展示会、図録作成など様々な顕彰事業を行ってまいります。」

会場には、熱い思いを抱いた前田直衞顕彰会の皆さんが在廊。 丁寧に作品の解説をしてくださいます。

.

明日6日と明後日7日にはギャラリートークが開催されます。

◆ギャラリートーク1
ゆかりの地元作家によるトークセッション
日時:9月6日(土)14:00~15:30
ゲスト:岸本章氏、高橋俊子氏、古澤順子氏
◆ギャラリートーク2
前田画伯に師事した愛弟子によるトーク
日時:9月7日(日)14:00~15:30
ゲスト:藤井誠氏(京都市在住・白潤会会長)

.

ぜひお出掛けください。

.

前田直衞 特別回顧展 生誕100年を前に-
2014/9/5(金)~10(水)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)

.

Written by staffe

2014/9/5 at 4:48 pm

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >