Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 11月, 2014

山口邦子 型染2014

「あっ、可愛い~!」

階段を昇りかけたお客様が次々と声を上げます。

山口さんお手製のミニ看板、素敵でしょう?

.

.

会場には山口さんならではのキレのある幾何学模様や、ユーモアなキャラクターがデザインされた作品がズラリ。

.

12か月分のデザインが見事なカレンダーや、便せんやポチ袋などの小物も人気です。

.

今年の夏、東京・目黒のギャラリー「SML」で「型染めの仕事 山口邦子・大木夏子・石北有美」を開催し、今や県外でも人気の山口さん。

会期中は在廊されます。笑顔の素敵な山口さんにぜひ会いに来てください。

.

.

2014/11/29(土)~12/2(火)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)
.

Written by staffe

2014/11/29 at 3:03 pm

第2回 安木静恵 作品展

「本日はお忙しい中、ご来場いただきありがとうございます。

今回が第2回目の作品展となります。

絵を描き始めて22年。あっという間の日々でした。

ある思いから今回思い出深い作品と、現在自分らしく楽しく描いている作品を展示してみました。

みな様にご高覧いただければ幸です。

― ごゆっくりと ― 安木静恵」

.

職場の同僚に声をかけられたことがきっかけでル・クレイヨン絵画教室(主宰:中村 明)に通い始め22年。

「それまでは想像もしなかった」描く楽しさを知り、

今では声をかけてくれた方に感謝の思いだそう。

.

初期の作品は抽象。

.

「・無我夢中

・一生懸命

・創意工夫

先生の指導の元楽しく描いていた日々を思い出します。

特に雑談しながらのコーヒータイムは待ちどおしい時間でした。」

.

ニューヨーク 2001年 F10号 油彩

.

最近は身近なモチーフや風景を・・・

.

「なにげない場所

そこにあるモチーフ

日常生活の中で、フト気がついたり目が合ったりした、ただそこにあるモチーフを描いてみました。

―それぞれの役割ごくろう様―」

.

旬の味 パートⅡ サムホール 油彩

.

旬の味 パートⅢ F8号 パステル

.

どうしてここに F6号 パステル

.

花回廊のサルビア F10号 油彩

.

描く喜びが伝わってくる43点です。

.

2014/11/27(木)~12/2(火)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)
.

Written by staffe

2014/11/28 at 3:02 pm

藤原晴彦 抽象画小品展 2

2階dueで個展開催中の藤原晴彦先生をご紹介します!
穏やかで品のある、素敵な先生です。
作品にもそういうお人柄が筆を通して伝わるのか、黒や赤、原色に近い色が使ってあるにも関わらず、
個人的な感想ですが、不思議とどこか温もりを感じてしまいます。
…それはなぜだろう?~自分がそういうものを求めている…!?なんて、思いを巡らせてみたりして。
抽象画だからこそ、見る者によって色々な感じ方ができる。
その時の自分を内省するきっかけにもなる。
…抽象画って、奥が深い。
藤原先生の作品には、そんな力があるように思います。
抽象画を敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、きっと価値観が変わります。
ぜひご覧頂きたい作品群です。
明日までになりましたが、1階でも教室作品展を開催中です。こちらも併せてご覧くださいませ。
さらに、渡辺美術館でも「藤原晴彦 抽象画展」~思いを抽象に込めて~を開催中で(12月8日(月)まで)、
こちらでは、100号を中心とした作品を鑑賞でき、さらなる心象世界へいざなってくれるでしょう・・・!
あんどうでの会期中、常駐されています。
穏やかな語り口で、作品のこと、絵のこと、お話しを伺えるよい機会ですよ(*^o゚)b
藤原晴彦 抽象画小品展
2014/11/21(金)~11/26(水)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)

Written by staffk

2014/11/24 at 12:46 pm

藤原晴彦 抽象画小品展

「具象と、抽象で小品を交互に発表しております。 今年は抽象の年で0号とSMを20数点展示致します。 抽象も小品の制作では決まったスタイルがあるわけでなく 思いつくままに制作しています。 近頃はとにかく作品を残しておきたいという思いばかりです。」(藤原晴彦 談)

.

若桜町出身、県内外で活躍しておられ、若桜橋絵画教室で幅広いジャンルの絵画を指導しておられる藤原晴彦さんの個展が始まりました。

今回の作品は全て抽象。

様々な手法で描かれたサムホール大の作品が22点。

.

.

毎回新しい作品には真っ白な状態で向かうとのこと。

次々と生まれる新鮮な作品のアイデアは、いったい何処から?

.

.

.

この度は教室作品展と個展がほぼ同時開催。

連日の搬入・展示作業、会期中の在廊と大忙しです。

それだけではありません。

さらに、11月8日から渡辺美術館でも「藤原晴彦 抽象画展」 ~思いを抽象に込めて~を開催中なのです。

.

あんどう1・2Fの後は渡辺美術館へ、フルコースで藤原ワールドに浸ってください。

.

藤原晴彦 抽象画小品展
2014/11/21(金)~11/26(水)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)

.

Written by staffe

2014/11/22 at 1:49 pm

第24回 若桜橋絵画教室作品展

ここ数日、気が重くなりそうな雲に覆われていた山陰の空。

一転、今日は秋晴れの真っ青な空のもと、

この季節恒例の「若桜橋絵画教室作品展」が始まりました。

.

藤原晴彦さんが指導される「若桜橋絵画教室」。

浜坂・南雲山・鳥取画材教室の3つの教室から約30名の受講生が出品されています

年齢もジャンルも幅広く、小学生の可愛らしい作品があるかと思えば、油彩の大作もあり、みていてわくわくしてきます。

一度に色々な作品が見られるので、満足度もUP!

一般クラス作品より

学生クラス作品より

こどもクラス作品より


一度にたくさんの味が楽しめる今展、ぜひ足をお運びください(*^_^*)

2014/11/20(木)~11/25(火)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)

Written by andoh

2014/11/21 at 4:16 pm

2014工房ローサ 風を紡ぐ 花を紡ぐ

15日から始まった「2014工房ローサ 風を紡ぐ 花を紡ぐ」。
.
草木で染めた毛糸や紡いだ毛糸で編まれたセーターやカーディガン・・・。
その素材だけではない暖かさが、じんわりと、確かに伝わってきます。
.
草木で染めて、糸を紡いで、編みあげて・・・。
作品に仕上がるまでの工程を考えると、そこには確実に、手から手へ伝わるぬくもりがあるように思います。
.
その優しさとぬくもりに惹かれて、昨日の初日から、たくさんの方々が訪れています。
.
暖かさを感じに、いらっしゃいませんか?
2014工房ローサ 風を紡ぐ 花を紡ぐ
2014/11/15(土)~19(水)
10:00~18:00 (最終日16:00まで)

Written by staffk

2014/11/16 at 1:58 pm

第7回ヴュVue展

11日展示作業後に行われたオープニングパーティーの大盛況の熱気も冷めやらぬ中、「第7回ヴュVue展」が始まりました

.

「ヴュVue展」は年に1度、鳥取市・倉吉市・米子市で順番に展示会をされています。

当ギャラリーでは、記念すべき第1回と、2順目の第4回、そして3順目として、今回7回目を迎えられました。

展覧会名の「ヴュvue」。これは、フランス語のpoind de vue(ポン ドウ ヴュ=”ある視点”)からきており、

「ヴュ」を繰り返す事により色々な見方、考え方が出来る会に・・・との想いが籠められているそうです。

色々な視点から描かれた作品の数々。同じ題材でも、印象が大分変わることに驚きます。

11月11日に日本海新聞に掲載された、角秋勝治氏の寄稿文の一節をお借りして作品をご紹介します。

.

岸本章の『柘榴』は、装飾性と構成力で果肉の生命を明るく開示。

岸本 章 ザクロ 0号

.

寺島節郎の『洋梨』は対照的な陰影で、厳しい現実感が迫るばかり。

寺島節朗 洋梨 0号

.

中尾廣太郎は新境地。熟した『柿』一個に、リアルな質感と幻想性がが同居する。

中尾廣太郎 柿 SM

.

坂野眞人の『猛者海老』などは、芳醇(ほうじゅん)な色彩が輝き、練達のタッチが小躍りしている。

坂野眞人 猛者海老 M3

.

入江康子が描いたユリ『想』はまだ色香の叙情を残し、

入江康子 想 F4

.

小倉伸夫の『枯れ花』は硬質なデッサン力で押し通す。

小倉伸夫 ドライフラワー 4号

.

谷繁淳子の『わすれもの』は、落ち葉と人形に痛切な寂寥(せきりょう)感。

谷繁淳子 わすれもの SM

.

山本惠三の『鳥取砂丘』は、なだらかな大地が豊かな空間を呼び込む。

山本惠三 鳥取砂丘 F4

.

足立純子の『時空散歩(重責する風景)』には、懐古的な経歴(きょうりゃく)がある。

足立純子 時空散歩〈重積する風景〉 F6

.

角護の『Land Scape-金魚』は、女性の遠い視線と青空に浮かぶ赤い魚が、のどかな裏に潜む憶測を抱かせる。

角 譲 Landscape -金魚 F6

.

たくさんの「ヴュVue」、色々な視点で眺めてみませんか?

.

日本海新聞寄稿文はこちら⇒ http://www.nnn.co.jp/odekake/detail.html?eid=27740

ギャラリーあんどう’14「第7回ヴュVue展」詳細ページでもご覧いただけます。  http://g-ando.com/sakuhin_1f/2014.11.5.html

.

2014/11/12(水)~11/18(火)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)
.

Written by staffk

2014/11/14 at 11:45 am

「ファッションブランド「しのぶ」秋・冬物コレクション」スタート!

いよいよ始まりました。「ファッションブランド「しのぶ」秋・冬物コレクション」。

朝から熱気に包まれる2Fdueです。

.

.

存在感ある素材とデザイン。 あれも、これも魅力的。

こちらは新作の穴空きデザインシリーズ。 「可愛い~!」と大好評です。

.

帽子やスカーフも人気です。

.

サンプル品や廃番品などのお買い得コーナーも見逃せません。

今シーズンお気に入りの一着をぜひこの機会にどうぞ♪

.

2014/11/8(土)~11/13(木)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)
.
.

Written by staffe

2014/11/8 at 12:52 pm

博物館でも・・・♪

今月当ギャラリーに登場するお二人が大忙し。

.

まずは明日から2Fdueでファッションブランド「しのぶ」秋・冬物コレクションを開催される森田しのぶさん。

展示会終了直後の15日(土)からは、自由美術協会会員の画家としてのご活躍。 鳥取県立博物館での企画展、「シリーズ鳥取の表現者 file06 流体-松本文仁/森田しのぶ」が開催されます。

.

また、21日から1Fで若桜橋絵画教室作品展、2Fdueで油彩画小品展を開催される藤原晴彦さんは、

11月8日(土)から12月8日(月)の1ヶ月間、渡辺美術館で「「藤原晴彦 抽象画展」 ~思いを抽象に込めて~」を開催されます。

.

所縁あるかたがたの方々でのご活躍にギャラリーも嬉しさで一杯です。

皆さん、両博物館の展覧会にもぜひお出掛けくださいね。

.

Written by staffe

2014/11/7 at 3:26 pm

第6回 ラ コンテ絵画作品展

秋晴れの心地よいお天気の中、「第6回 ラ コンテ絵画作品展」が始まりました。

毎年、春と秋の年2回、定期的に作品展を開催されています。

.

今展では、F4からF50まで計32点の作品を展示されています。

画材も多彩で、油彩画、水彩画、パステルにアクリル・・・と、メンバーそれぞれの表現が個性となり、観る者の目を飽きさせません。

まさに「ラ コンテ」の言葉通り、絵が語りかけてくるようです。

「ラ コンテ」はフランス語で「作品が語る」の意。

“描写した作品の絵が語る”という意味のラコンテであってほしいとの、メンバーの想いが届きます。

.

今回も、お一人1作品ずつご紹介します。

.

足立真由美 さけのある卓上静物 F50 油彩

.

足立光恵 花 いろいろ F10 油彩

.

岡田惇子 森の中の湖 F30 油彩

.

柏田正代 夕涼み F6 パステル

.

坂尾哲夫 鳥取砂丘 F30 アクリル

.

田中昭雄 児童公園とオウチ F30 油彩

.

中本二一 賀露へ F30 水彩

.

林裕見子 ひととき P-30 水彩

.

山本知司 初秋のやしろ F30 油彩

.

芸術の秋真っ只中。 会場で32点の「ラコンテ」に耳を傾けてみませんか。

.

2014/11/5(水)~11/9(日)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)
.

Written by staffk

2014/11/5 at 3:28 pm

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >