Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 12月, 2014

Gallery Shop andoh 冬の贈り物展

半期に一度のギャラリーショップ 「冬の贈り物展」開幕。

大雪・着雪・風雪・雷注意報に波浪警報。大荒れのお天気にもかかわらずお越しいただいたお客様に感謝感激です。

.

今回もクリスマスや年末年始の贈り物にぴったりな、心温まるオリジナルグッズが集まりました。

.

冬の贈り物展と言えばまずこれ。クリスマス気分を盛り上げてくれるリース。

.

バッグやポーチ類、ホームウェアなど、バラエティに富んだ布小物。

.

人気のクラフトかごもあります。

.

ラッピングもかわいい手作り石鹸や化粧水のギフト。

.

調湿効果・消臭効果を始め様々な効果があり、インテリアにも使える竹炭。

.

ユーモアあふれるポチ袋で初笑い。

.

ほかにも色々ありますよ。

会期は22日(月)まで。ぜひお立ち寄りくださいね。

.
Gallery Shop andoh 冬の贈り物展
2014/12/17(水)~22(月)
10:00~17:00 (最終日16:00まで)
.

Written by staffe

2014/12/17 at 5:10 pm

野津清太郎 油彩画展 2

エントランスを入ってすぐに目に入る「古い靴 (F6)」。

制作年を見ると「1968年」とあります。野津さん高校生の頃の作品だそうです。

スポーツに夢中になり、しばらく描くことを中断していた高校時代。

友人に誘われて久々に絵を描いてみたところ、それが楽しいのなんの!

初めて絵を描くことを心から楽しんで完成された作品、それがこの「古い靴」だったのです。

眺めているとこの時に感じた気持ちが呼び起こされ、初心を思い出す・・・。

野津さんの絵の原点ともいえる、思い入れの深い作品。

そんなことに思いを馳せながら鑑賞すると、いっそう作品世界に入り込めそうです。

野津清太郎 油彩画展
2014/12/9(火)~14(日)
10:00~18:00 (最終日17:00まで)

.

Written by staffk

2014/12/12 at 3:24 pm

野津清太郎 油彩画展

「野津清太郎 油彩画展」、始まりました。

初日は小雨が降りしきる空模様。いつもなら恨めしく思うところですが、

空の曇り具合が野津さんの作品世界と不思議と調和していて、

この雨も心地よく感じます。

.

.

会場には、80号、100号、130号の大作が並び、迫力に圧倒されます。

どれも独立展、県展などに入選された秀作ばかり。

.

日本海新聞に12月9日付けで掲載された、山本惠三先生の寄稿文から2点ご紹介。

.

.

「最近は、チベットやネパールで取材された宗教的な作品が主である。

第50回関西独立展で新人賞を受賞されたS100号「祈り」など、優れたデッサン力で、

外部の形と内在する心の中、見えるものと見えないものを深く幻想的な光を放つ

色調の中に同時に抽出されることで、観る者に“生きる”ことを静かに説いてくれます。」

.

.

「第82回独立展入選作品「聖家族…Ⅱ」(S100号)の大まかな仕切りやだぶらせた人物で

仮設を打ち立てたアイデアが光ります。静と動、赤と青、相対的につむぐ人間模様、

そのさわやかな筆致に癒やされますので、より多くの方に来ていただけるよう祈っています。」

(独立美術協会会員・山本惠三)

.

今展では、小品も併せて展示されています。

白兎海岸や芦津渓谷の風景など身近な風景が、野津さんのフィルターを通して鮮やかに描かれています。

.

.

歴代の受賞作が一堂に鑑賞できる本展。一見の価値あり、です!

.

「野津清太郎 油彩画展」
2014/12/9(火)~14(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)

.

Written by staffk

2014/12/10 at 2:04 pm

とっとりハンドメイド ~11人の作家展~

amie工房企画主催の手づくり雑貨作品展「とっとりハンドメイド ~11人の作家展~」が始まりました。

2Fdueは雑貨屋さんに変身。 心を込めて丁寧に作られたバッグやアクセサリー、日用雑貨などがぎっしり。

2013年の「T-シャツ展 Tシャツは着るだけじゃない!? ARTだぜ~」に参加されたsuniさん以外はあんどう初登場の方々です。

.

お一人ずつ、ほんの一部をご紹介。

.

chibita さん

.

みっち さん

.

まゆみん さん

.

toge-toge さん

.

squirrel さん

.

sunaneco さん

.

quico さん

.

suni さん

.

*Yummy* さん

.

黒兎 さん

.

青い小鳥 さん

.

会場には作家さんが交代で在廊されています。

心温まる手づくり雑貨はいかがですか?

.

2014/12/5(金)~12/7(日)
10:00~17:00 (最終日16:30まで)
.

Written by staffe

2014/12/5 at 6:14 pm

第31回 手織展SAORI

いよいよ始まりました、「第31回 手織展SAORI」

昨日の初日は、冷たい雨が降るにもかかわらず、朝からお客様が絶えませんでした。

お天気が回復した今日はさらに賑やかになりそうな予感。

.

.

「さをり織」には約束事がなく、作り手の感性そのままに自由に織り上げるのが魅力。

そのため、すべてがこの世に2つとない1点もの。

その作品の魅力は、身に着けた本人のみが得られるとあって、

毎回、早い時間にたくさんお客様が詰めかけます。

.

「自然に」「気合を入れることなく」作り続けて30年ほど。

それでも、「上手になってはいけない」そう。

さをり会のメンバーのお話です。

.

.

「目が飛んでも、それが味になる。均一ではないところに魅力がある。」

.
熟練者、初心者の作った作品に優劣はなく、

30年前に作った作品も、今作った作品も、「どれも新鮮に見える」のが、

さをり織のおもしろいところだとおっしゃいます。

そして、それが、飽きずに今まで続けてこられた理由だと。
.

会場には、これからの季節に重宝しそうなマフラーや帽子などの小物のほか、

ケープ、ポンチョなど、あったかそうな作品が並びます。

お客様にモデルをお願いいして、1枚 (*^v^*)

.

.

「空気を織るように、やさしく、ふんわりと」織られたさをり織。

この季節、着ている人も、それを目にする人も暖かくする、そんなほんわかニット、

手に取ってみられませんか?

.

「第31回 手織展SAORI」
2014/12/4(木)~7(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)

.

Written by staffk

2014/12/5 at 2:24 pm

「さんいんキラリ」秋冬号、届きました!

さんいんキラリ」秋冬号が発売になりました!

.

.

山陰の人・モノ・味を美しい写真と共に紹介した情報誌。

年4回の季刊誌で、今回で32号目。

創刊号から毎号、「キラリおすすめ美術館ガイド」に

イベントを掲載していただいています。

.

.

.

今回の特集は「至福の麺勝負」!

山陰両県のうどん、蕎麦、ラーメンの名店20店を、美味しそうな写真と共にたっぷりご紹介♪

.

山陰の匠を探すコーナーは「植田正治の軌跡」。

あなたに会いたくて、では、智頭町が登場。智頭の魅力がギュッと詰まったページです。

.

写真の美しさに加え、文章も味わい深く、その紹介されている人・モノ・味の魅力が伝わってきます。

山陰に暮らしていながら知らなかった、山陰で暮らしているから知っておきたい、

そんな、発見できる愉しが、「さんいんキラリ」にはあります。

.

「さんいんキラリ」はギャラリーあんどうでも取り扱いをしています。ご希望の方は2F事務所まで。

.

Written by staffk

2014/12/3 at 2:25 pm

ギャラリーあんどうの忘年会♪

本格的シーズンには少ーし早いですが・・・行ってきましたー!ギャラリーあんどうの忘年会♪

1階・2階とも展覧会開催中にもかかわらず、在廊中の安木静恵さん、山口邦子さんから
「いいからいってらっしゃーい」の温かいお言葉に見送られ、遠慮なしに出掛けた私たち。
向かった先は・・・岩美にある「たつみ」。
言わずと知れた、今大人気のお店です。
お昼前に到着したにもかかわらず、すでに満席。
駐車場の車のナンバーチェックで、県外からもたくさん来店中とわかります。
この看板、なんと、ギャラリーあんどうで6月に個展を終えられたばかりの宮本博己さんが作られたものです。
素敵ですね!
店内に何点も飾られている宮本さんの絵を眺めながら少し待ち、いよいよ席へ。
目移りしながらやっと決めた料理に気分も上がります。
最初に届いたカレイのから揚げの予想以上の大きさにまずびっくり。
穴子定食に天ぷら定食、どれもおいしそう♪
届いた料理を前に写真撮影。
このウキウキした表情~。
産休中のスタッフIさん不在なのが寂しいですが、おいしいランチを楽しみました(*^_^*)
念願かなって初来店のスタッフSさんも大満足♪
こんなに満喫した私たち。・・・でも!帰ってみたら、同じフロアの下田デザイン事務所さんに大変なご迷惑を・・・。
予想外の来客で、対応のためにお仕事の手を止めさせてしまっていたのでした。ごめんなさい(≧Д≦)

Written by staffk

2014/12/2 at 2:40 pm