Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 2月, 2016

春の蔵出し市 入荷中

3月2日から始まる”春の蔵出し市”の品物がぽつりぽつり届きはじめています。

.

届いた品物の一部をフェイスブック”春の蔵出し市”イベントページで紹介しています。

随時アップしていきますので時々チェックしてくださいね。


今日ご紹介したのは、、、

.

40年以上前の”花椿”。 お洒落~。

.

寿の文字と亀の絵が描かれた幟。何に使われたのでしょうか・・・?

.

川口聡一作 石器ぐい呑み。 石の様な手触りの陶器です。

.

他にも、、、

ラタンの椅子。 レトロですね。

.

阪神タイガース優勝記念の腕時計。 トラキチさんに是非。

.

.

骨董品や希少品、作家もの、

今年も楽しい会場になりそうです。

どうぞお楽しみに♪

.

Written by staffe

2016/2/14 at 12:51 pm

クラインガルテン 春待人~クリスマスローズ展

”クラインガルテン 春待人~クリスマスローズ展”始まりました。

お天気にも恵まれて、朝から会場は大賑わい。

.

.

花の少ないこの季節を彩るクリスマスローズはキンポウゲ科の多年草。俯き加減に咲く清楚な印象とは違って、耐寒性があり半日蔭の庭でもよく育つ丈夫な花です。

こちらは雑誌に掲載された人気の品種。

.

こちらは葉色が明るい品種。

.

花弁の数、色、雀斑や縁を彩るグラデーション。一見同じように見えても一株一株微妙に違っています。

.

じっくり見比べて、お気に入りの一株を見つけてくださいね。

.

.

明日からの3日間は、午後にワークショップも開催されます。 定員まで残りわずかとのことですので、ご希望の方はお急ぎお問合せください。

ワークショップ(事前予約要:クラインガルテンまで)
2/12(金)13:30~ 多肉植物の寄せ植え     10名 参加費2500円
2/13(土)13:30~ 多肉植物のリース       10名 参加費3000円
2/14(日)13:30~ 軽石と苔を使ったミニ盆栽  10名 参加費2500円

■クラインガルテン 鳥取市菖蒲130-1 TEL0857-27-1187
http://kleingarten1187.blog53.fc2.com/

.

.

クラインガルテン 春待人~クリスマスローズ展

2016/2/11(木)~2/14(日)AM10:00~PM5:00(最終日PM4:00迄)

.

”クラインガルテン 春待人~クリスマスローズ展”始まりました。

Written by staffe

2016/2/11 at 12:47 pm

野沢正俊・谷口実信の遺作 その仲間たち展 2

春とは名ばかりの寒い一日です。
「野沢正俊・谷口実信の遺作 その仲間たち展」今日でとうとう最終日となりました。
前回のブログでお伝えしきれなかったので、第2弾(^^)
1916年のお生まれの谷口さん。奇しくも今年がちょうど生誕100周年に当たります。
谷口実信さんの作品は、明るく豊かな色彩が魅力的、どの作品からも光を感じます。
夾竹桃 F30 制作年1971
高架橋のある風景 F6
野沢正俊さんの作品は、年代によって作風が大きく変化して、幅広い作風で目を楽しませてくれます。
蟹や野菜などの静物画、身近な風景画…。デフォルメされた構図の人物画からは、温かみも伝わってきます。
憩い F20
賑やかな野菜 F8
琵琶湖の夏 F4 水彩
そして絵画とともに嗜まれていた川柳。会場にも一句、添えられています。
「何もかも 見あきてあの世 見たくなる」
なんとも、飄々としたお人柄が感じられるではありませんか!
こんな風に世の中を見られる感性、いいな、と思います。
谷口さんより13歳年下の野沢さんは、谷口さんを絵の先輩として尊敬されておられたと伺いました。
共に絵を描き親しくされていた皆さんの想いで実現した今回の遺作展。
きっと二人仲良く、天界から眺めて楽しんでいらっしゃるではないでしょうか♪
野沢正俊・谷口実信の遺作 その仲間たち展

Written by andoh

2016/2/9 at 3:03 pm

野沢正俊・谷口実信の遺作 その仲間たち展

「野沢正俊・谷口実信の遺作 その仲間たち展」が始まりました。

今日初日のオープニングには記念の式典が催され、お二人を偲ぶ大勢の方が来廊されました。

.

.

2014年、86歳で亡くなった野沢正俊さん(市民アトリエ群青元会長)。

この度、野沢さんと親交があった角護さんが保管されていた,10数点の作品を遺族の方にお返しされることとなり、その前に遺作展をと、角さんがアトリエ群青の八木俊實さんに相談されました。

そして、八木さんもかねてから、いつか遺作展をと願っておられた、同じく元会長で2006年に89歳で亡くなった谷口實信さんの遺作展も一緒にと、アトリエ群青協賛として同時開催される運びとなりました。

.

.

野沢正俊さんと谷口実信さんは、アトリエ群青の在籍期間が同時期で重なっていて、共に群青のリーダーとして活躍されていました。

そのお二人に対し、“尊敬する先輩の作品を地元の方へ披露でき、また、供養になれば”と願われ開催される、鎮魂の遺作展です。

開催にあたり、縁のある“その仲間たち”13名の作品も展示されます。

力がある絵というのはこのような絵のことをいうのかな、と、34点の作品を前に、哀悼の気持ち以上の感情が湧いてきました。

一緒に絵を描いていたたくさんの仲間たちの友情で実現した今回の展覧会。

この機会をどうぞ逃されませんように…!

.

2016/2/5(金)~2/9(火)
AM10:00~PM6:00(最終日PM5:00迄)
.

追伸: 本日より中電ふれあいホール3階ギャラリーで”市民アトリエ群青”の”群青新春展(油彩・水彩)”が開催されています。こちらもぜひご覧ください。

.

Written by staffk

2016/2/5 at 2:15 pm