Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

Archive for 2月, 2017

春の蔵出し市

3月恒例蔵出し市。今年も掘り出し物が続々到着しました。

本日初日の午前中は大騒ぎ、

運命の出会いを求めるお客様が詰めかけ、会場の様子を撮影する余裕もありませんでした。

 

取り急ぎ話題の品をいくつかご紹介。

 

銅製の酒燗器。時代物です。

ギャラリーあんどう’17「春の蔵出し市」銅製酒燗器

ギャラリーあんどう’17「春の蔵出し市」

 

ベルいろいろ。音色が良いのです。

ギャラリーあんどう’17「春の蔵出し市」

 

外国の小さなお人形色々。可愛い。

ギャラリーあんどう’17「春の蔵出し市」

 

籐の椅子。昭和ですねぇ。

ギャラリーあんどう’17「春の蔵出し市」

 

高級ライター。未使用品。

ギャラリーあんどう’17「春の蔵出し市」dunhill CELINE ライター

 

絶品・珍品は早い者勝ち。お急ぎお出かけください。

 

春の蔵出し市
2017/2/22(水)~2/26(日)
AM10:00~PM5:00 (最終日PM4:00迄)

 

ギャラリーあんどう’17「春の蔵出し市」

 

Written by staffe

2017/2/22 at 4:58 pm

春うらら ~クリスマスローズ展~

18日(金)より開催中、鳥取市菖蒲の園芸&造園の専門店”クラインガルテン”さん主催のクリスマスローズ展。

搬入日前日にトラックで除雪。33年ぶりの大雪にどうなることかと心配しましたが、

会期中は日に日に道路状況も改善され、駐車場も若干狭いながらも使えるようになりました。

 

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

 

クリスマスローズには様々な色や形のものがあり、なかなか手に入らない人気の品種も。

 

幻の品種とまで呼ばれる希少な”マダムラモニエ”

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

 

垂れ下がる花の形がユニークな”フェチダス”

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

 

薄桃色に変化する花色が美しい”モンテクリスト”

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

 

オリジナルの培養土もあって、植え替えも安心です。

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

 

これから春に向けて咲き続ける花苗や小ぶりで管理しやすい多肉植物など、

あれもこれも可愛くて、どれを選ぶか迷ってしまいますよ。

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

 

明日は早くも最終日。16時終了です。

天気予報はいまひとつですが、足元にお気をつけてお出かけください。

 

春うらら ~クリスマスローズ展~
17/2/16(Thu)~2/19(Sun)
AM10:00~PM5:00 (最終日PM4:00迄)

ギャラリーあんどう’17「春うらら ~クリスマスローズ展~」

Written by staffe

2017/2/18 at 6:23 pm

真栄 友香 油彩画展

「ごあいさつ

このたびは寒さの残るなか、お越しいただきありがとうございます。
はじめての個展を開催することになりました。
教室で描いた静物画を中心に、鳥取の風景画や人物画を展示しています。

絵を描くことは簡単に思えますが、描き続けるというのは(気持ちの面や経済的にも)難しく、それでも6年間続けてこられたのは、月並みではありますが周りの方の支えがあってのことだと思います。
改めまして、ギャラリーあんどうの皆様、森先生、絵の仲間、職場の方々、友人、応援してくれた方、面白がってくれた人、家族、そして今回お越しくださった皆様に感謝申し上げます。ありがとうございます。
本当に恵まれた環境で、のびのびと絵を描くことができました。こんなことはなかなか無いことだと思います。
これからも自分のペースで描き続けられればと思います。

それでは未熟な作品ばかりではありますが、どうぞ時間の許す限りごゆっくりご覧ください。   真栄 友香」

 

なんと、12月から3か月連続で真栄友香さんの作品はギャラリーに登場しています。

12月に開催されたセッション展、5日(日)まで開催されていたイーゼル会最終展と直前まで精力的に活動され、このたびついに個展の開催です。

6年間に描きためた作品の中から35点、特にテーマを持って描いてきたわけではないそうですが、

紗をかけたような独特のタッチと色が心地よい統一感を生んでいます。

 

bDSCN4204_3805

 

bDSCN4217_3817

 

同僚の紹介で森絵画研究所に通い始めたのが6年前。

「特に油絵を描きたいと思っていたわけではありませんでしたが勧められるままに、結果的には性格に合っていたと思う。」

 

2011年、教室で最初に描いた作品。

ギャラリーあんどう’16「真栄 友香 油彩画展」

「人形」 F8

 

2012年、第59回勤労者美術展で30号に挑戦。

bDSCN4223_3823

「ベンチ」 F30

 

2014年、第29回 イーゼル会展出品作。

ギャラリーあんどう’16「真栄 友香 油彩画展」

「くだものたくさん」 P15

 

2016年、公募・第3回「とっとり風景画展」に出展した作品。

ギャラリーあんどう’16「真栄 友香 油彩画展」

「ビル1」 F12

 

2016年、最新作。案内状に使用。

ギャラリーあんどう’16「真栄 友香 油彩画展」

 

画風の変化については、

「意識的に変えています。もっともっと勉強して、変わっていかなくてはいけない。」

小さな体に静かな情熱とパワーを秘めた真栄さん。

これからの変化と飛躍に注目!です。

 

真栄 友香 油彩画展
2017/2/7(Tue)~2/12(Sun)
AM10:00~PM6:00 (最終日PM5:00迄)

bDSC_0523_edited

Written by staffe

2017/2/10 at 5:39 pm

「1986~2017」イーゼル会最終展

イーゼル会は鳥取市湖山の森茂樹さんが主宰する森絵画研究所および鳥取画材教室等の門下生有志によって結成された絵画グループで、2015年に30回目の展覧会をもって解散。

この度の最終展は同窓会もかねて、結成から解散までに在籍されたことのある全ての元会員に呼び掛けて開催されました。

初日の午後には県内外からの元会員約20人が集まり、来場のお客様も加わって和やかに記念パーティーが開かれました。

 

bIMG_5682

 

これまでのイーゼル会展とメンバーの個展やグループ展の案内状

bDSCN4188_3791

 

イーゼル会のメンバーは、師匠の森茂樹さんの勧めで、数えきれないほど当ギャラリーで個展を開催してくださっています。

今回出展されている方の中だけでも
米田久子さん・市村正さん・山口紘子さん・斎江さつきさん・下村温美さん・三木祥平さん・中越理香さん・草野妙子さん・HARUさん・・・

そして来週7日からは真栄友香さんが個展を開催されます。

 

ギャラリーあんどう’17「「1986~2017」イーゼル会最終展」

市村正 「静物」 SM×2 油彩  結成当初からのメンバー

 

ギャラリーあんどう’17「「1986~2017」イーゼル会最終展」

草野妙子 「晩秋」 F8 油彩  3月に個展開催予定です。

 

ギャラリーあんどう’17「「1986~2017」イーゼル会最終展」

HARU 「the earth」 B1 油彩他  最も新しいメンバー、期待の若手です。

 

bDSCN4179_3782

真栄友香 「花瓶と果物」 F10 油彩  2/7(火)~真栄 友香 油彩画展 を開催されます。

 

「他者の真似をせず 技法に頼らず 技術競争をせず
ものの見方・捉え方を磨く  安定することを求めず前進する」

森教室の理念どおり、

それぞれが独自の絵画の道を進み、描かれたメンバーの作品26点に加え、森茂樹さんの作品が並び、力強い展覧会です。

 

元会員の皆さんの益々のご活躍を祈ります。

 

「1986~2017」イーゼル会最終展
2017/1/29(日)~2/5(日)AM10:00~PM6:00 (最終日PM5:00迄)

ギャラリーあんどう’17「「1986~2017」イーゼル会最終展」

賛助出品 森茂樹 「白兎の海」 F8×2 水彩

 

Written by staffe

2017/2/3 at 9:24 am