Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

海を見つめて 秋田芳郎 写真展

without comments

「海を見つめて  秋田芳郎 写真展」が、昨日より開催中です。

およそ30年振りの個展とあって朝から大勢の方が詰めかけ、2階の小さな展示会場はまるで社交サロンのように、たくさんの人の声や笑顔であふれていました。
実は、秋田芳郎さんは、鳥取が誇る写真家・塩谷定好氏の遠縁筋にあたる方。昨年開館した「塩谷定好記念館」のオープン当初から、週一回ボランティアガイドを務めていらっしゃいます。
昨日はちょうど、記念館が休館日。記念館のオーナーご夫妻をはじめ、関係者の方がたくさんいらっしゃいました。
中学校の同窓生の方々も来られ、ミニ同窓会のようでした。
秋田芳郎さんは大阪のスタジオでコマーシャル写真の仕事に携わっておられた経歴をお持ちです。
約30年前の1984年にも、倉吉・民藝の店 画廊にて「秋田芳郎 欧州紀行写真展」を開催されています。当時、巡回展が鳥取でも開催されました。
その展覧会の写真集がこちら。
塩谷定好氏から借り受けたアサヒペンタックス+ベス単レンズで撮影されたという、秋田芳郎さんの切り取るヨーロッパの街は、どこかデザイン的で、ソフトフォーカスが全体にかかったアーティスチックな作品。
30年前にヨーロッパ縦断の撮影の旅…当時としては、誰にでもできることではなかったはず。それを可能にしたのは、やはり秋田さんの経験と腕がなせたこと。
こちらも素敵です。
テーマを海に絞って、海の情景を集めた今展。
水平線を見つめていると、心の雑念も穏やかになるから不思議です。
会場には秋田さんも常駐されています。今まで撮り溜められた写真の写真集、ポストカードもあり、それも端緒にしてお話が色々と聞けそうです。
会期は6日(日)まで。ぜひ足をお運びください(^^)
海を見つめて
秋田芳郎 写真展
2015/9/1(火)~9/6(日)
AM10:00~PM6:00(最終日PM5:00迄)

Written by staffk

9月 2nd, 2015 at 6:33 pm

Posted in イベント

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)