Gallery ANDOH Diary

ギャラリー日記|ギャラリーあんどう

フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱

「ここにひとつの巣箱がある。フナイタケヒコさんと船井淑子さん、ふたりの画家がこしらえた、しろくうつくしい巣箱である。ちょっとなかを覗(のぞ)いてみてほしい。船井淑子さんの花の絵-菜の花やアザミやアジサイなど-はいつも清潔ですこやか。風が、まるで静けさの復習のように流れていて、草花のしぐさはいとおしい。また、フナイタケヒコさんのシリーズ「葉陰の向こうに」には終始、“青”の旋律が奏でられている。じっと耳をすましていると、あなたはきっと、あなた自身のせつなさを知るだろう。」(日本現代詩人会会員 漆原正雄 2017年5月21日(日) 日本海新聞掲載寄稿文より)

 

昨年10月の個展「空中庭園/断片2016」での新鮮なワイヤー作品が記憶に新しいフナイタケヒコさん。

このたびは淑子婦人との二人展。1・2F両フロアでの開催です。

 

1Fはお二人の油彩。

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」

 

フナイタケヒコさんの深遠な抽象作品、「青の声」「地の声」「夢粒」シリーズ

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」
フナイタケヒコ 「地の声 1」 F30

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」
フナイタケヒコ 「青の声―5」「青の声―6」 F30

 

船井 淑子さんの清らかな具象作品。

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」
船井 淑子 「霞堤初夏」 F20

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」
船井 淑子 「窓辺」 F20

 

2Fはタケヒコさんのペン画、シリーズ「葉陰の向こうに」。

こちらは漆原正雄さんとのコラボレーション。今展の為に作られた詩が作品と共に散りばめられています。

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」
フナイタケヒコ 「幻夢―1」 22.2×27.0

 

抽象と具象、表現は違っても緩やかに寄り添い、美しく響き合うお二人の作品。

 

主に1F会場に淑子さん、2F会場にタケヒコさんが在廊されています。

穏やかなお二人の”巣箱”を

そっと覗きにおいでください。

 

フナイタケヒコ・船井 淑子
絵画の巣箱

2017/5/24(水)~5/30(火)
AM10:00~PM6:00(最終日PM5:00迄)

ギャラリーあんどう'17「フナイタケヒコ・船井 淑子 絵画の巣箱」

船井 淑子 「野あざみ―2」 F3

 

Written by staffe

2017/5/26 at 5:56 pm

Trackback

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)